トップ

AGA改善に効く成分

AGAには亜鉛が効果的

亜鉛がAGAに効く理由とは

男性にとって気になる悩みのひとつに薄毛がありますよね。この薄毛の悩みを解決するのに効果があるといわれているのが「亜鉛」です。亜鉛には多くの働きがありますが、その中でも髪の毛の主成分である、タンパク質の吸収を高めるという薄毛の悩みを解決する働きがあります。

AGAにお悩みで効果のある有効成分について知りたい方はこちらです。

つまり、抜け毛や薄毛が気になりだしたら、亜鉛が不足しているというサインでもあるのです。この他にも、爪や肌に張りがなくなった、気力がなくなってきたように感じる、髪の毛にコシがなくなり細くなったような気がするといったことも亜鉛不足のサインとしてあげられますので、このような変化にも注意が必要です。

亜鉛の不足によって、髪の毛を健康に保つという働きを維持することができず、太くコシのある髪の毛を育てることができなくなりますし、肌や爪の張りといったものも失われやすくなるため、若々しさが失われるということにつながります。

薄毛の対策は早ければ早いほうが効果の実感も早くなりますから、日頃から髪の毛の変化には注意を払っておくことが大切です。


AGAに効果がある亜鉛のメカニズム



亜鉛は人間にとって欠かせない必須ミネラルのひとつです。タンパク質の吸収を高めるという働き以外にも、インシュリンなどのホルモンの分泌にも深く関わり、300種類以上もの酵素を活性化させるといわれています。つまり、人間の体を維持していく上でとても大切な栄養素なのです。

バランスの良い食事を考えていても、亜鉛が不足していると必要な栄養素が体内に取り込まれることが阻害されます。亜鉛は髪の毛や爪、骨など新陳代謝の盛んな細胞に存在しますから、亜鉛の不足がAGAに深く関わっているということも頷けます。この他にも亜鉛は、男性の性機能を維持する上でも重要なミネラルで、亜鉛が不足すると性機能や勢力の減退といった症状が現れます。

また、亜鉛は免疫機能を助ける働きもあり、免疫機能は体に入ってきた細菌等を退治し、体を健康に保つ働きです。この他にも傷の治りを早くするといった働きもあります。亜鉛が不足して免疫機能が低下すると、風邪を引きやすくなる、傷の治りが遅くなるといったことが多くなります。

亜鉛は髪の毛に必要なタンパク質の吸収を高めるだけでなく、新陳代謝を促進し、免疫機能を高めるといった人間にとって必要不可欠な必須ミネラルなのです。AGAにとって亜鉛が効果ありといわれる理由は、このような亜鉛の体に働きかけるメカニズムが理由となっているのです。